刑事事件は弁護士に相談をしましょう~任せてアンシン~

裁判

借金の悩み

スーツ

債務整理には3つあります

借金を多数多額に抱えて、支払いに苦しんでいる方を救う方法があります。それが債務整理です。債務整理には3つあります。任意整理、個人再生、自己破産です。安定した収入の有り無しや、マイホームをどうするのかで取るべき道も分かれます。任意整理は多重債務があるけれど、なんとか借金を返していきたい方に向いています。3つの債務整理の方法の中で、唯一裁判所を通さずに行えます。任意整理は、過去に過払い金があった場合には適正金利に計算し直した上で、今後発生する利息も原則カットして、元本のみを3年間で返済します。したがって3年間は安定収入が見込めることが条件になります。他の二つの方法と比べると借金の返済額は大きいでしょう。しかし弁護士に依頼すれば、債務者本人が書類作成や交渉を行う必要がありません。精神的な負担も少ないやり方です。

弁護士に任せるほうが安心

債務整理の中で大幅に借金が減額される個人再生と、全ての借金がなくなる自己破産はそれなりにデメリットもあります。裁判所に申し立てをしなければいけませんし、認められれば官報にその事実が掲載されます。自己破産の場合は最低でも5年間はいわゆるブラックリストに名前が掲載されますので、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることは難しいでしょう。個人再生では住宅ローン以外の借金を約8割減額することが出来ます。住宅ローンの支払いにほぼ専念できる状態ですので、マイホームを失わずに済むでしょう。自己破産の場合は借金はゼロになります。20万円以上の財産価値のあるものは処分されますが、生活に必要なものは残すことができます。これで新しいスタートが切れることになるでしょう。どの方法をとるにしても、個人で行うのは難しいでしょう。弁護士に依頼するほうが、無駄なく効率よく事が運びます。司法書士に依頼することもできますが、弁護士に比べると、出来ることが制限されています。結局自分で裁判所と交渉しないといけない事態も起こりうるのです。弁護士に依頼することが、よりよい再スタートをきる第一歩になるはずです。